晴れときどきプリン

ちょっとした気になる事や発見をメモメモ

*

2014年の冬至はいつ?冬至には何をすればいいの?

2014年もあと少し。二十四節気の第22番目にあたる冬至は、一年で最も昼が短く夜が最も長い日とされています。そんな冬を迎える合図の意味を持っている冬至、2014年はいったいいつ?そして何をすればいいんでしょうか。冬至の過ごし方をご紹介します。

スポンサードリンク

2014年の冬至はいつ?

2014年の冬至は12月22日(月)
日本では古くから一年で最も昼が短く夜が長い日のことを冬至とされてきましたが、実際、冬至の日をさかいに冬の寒さが一段と深まる印象がありますよね。寒さが苦手な私にはつらい季節の始まりの日でもあります。

冬至には何をする?

古くからの風習にはいろんな意味があります。語呂合わせと言われているものもありますが、実はそうではないんです。風習にはちゃんとした意味があるんですよ。

冬至にはかぼちゃを食べる

冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、なんきん(かぼちゃ)など。

特に、かぼちゃは冬の間に風邪を引かないようにという意味で食べる意味がよく知られていますよね。かぼちゃにはビタミンAやカロチンが豊富なので、風邪や中風(脳血管疾患)予防に効果的なんです。本来かぼちゃの旬は夏ですが、長期保存が効くので冬に栄養をとるための賢人の知恵でもあるんですよ。

冬至粥

かぼちゃの他に当時の行事食として小豆を使った冬至粥があります。昔から小豆の赤は邪気を祓うと言われていたので、冬至粥で邪気を祓うとされています。

スポンサードリンク

いとこ煮

冬至には小豆とかぼちゃを煮た「いとこ煮」を食べるという地方もあります。本来、いとこ煮とは硬いものをおいおい(甥)入れて、めいめい(姪)炊き込んでいくことから「いとこ煮」と名付けられた料理です。

冬至には柚子湯に入る

柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」。こうした語呂合せから柚子湯に入ると思われているかもしれませんが、もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)なんです。冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りのもとには邪気がおこらないという考えもありました。端午の節句の菖蒲湯も同じです。

今でこそ柚子にはビタミンがたくさん入っているため病気の予防などには有効であると分かっています。しかし、昔の人たちはそんな科学的な根拠がないにも関わらず、柚子湯に入る風習があったのですから、昔の人たちの知恵は素晴らしいですね。

柚子湯のやり方

柚子湯の方法は各家庭、地域によって違いますが、そのいくつかのやり方をご紹介します。

★丸ごとお風呂へ・・・1個や2個では香りを感じるほどにはなりませんので、たくさん入れたほうが良いですよ。
★輪切りや半分に切ってお風呂へ・・・香りもよく、成分も出やすい方法です。ただし、そのまま入れるとグチャグチャになってしまい果肉や種がお湯に浮いてお掃除が大変。ガーゼに包んだり、網目の細かい小さめの洗濯ネットに入れるといいですよ。
★皮だけ入れる・・・果肉を入れないので掃除が楽。果肉を絞っていれるのもいいですね。

※いずれの方法も肌に刺激がありますので、肌がデリケートな方やお子様は特に気をつけてくださいね。

スポンサードリンク

 - 冬の行事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

福岡国際マラソンの交通規制とオススメ応援スポット2014

その年の世界一を決める世界選手権ともいえる福岡国際マラソン。毎年12月の第1日曜 …

クリスマスカードのメッセージ!英語で気持ちを伝えよう!

12月になると街にイルミネーションが施され、クリスマスムードが一気に高まります。 …

節分や立春の食べ物といえば・・・

節分や立春といえば、二十四節気と雑節のひとつ。 暦の上では立春から始まり立夏まで …

ぽち袋 折り紙での作り方

子供たちにとって、お正月といえばお年玉!子供たちはお金をもらえると楽しみにしてい …

もらって嬉しいバレンタインメッセージの文例

女性が男性に愛の告白としてチョコレートを贈るバレンタイン。 最近では、「義理チョ …