晴れときどきプリン

ちょっとした気になる事や発見をメモメモ

*

ガスコンロ掃除のオススメ方法

年末が近くなると「大掃除をしなくちゃ」と掃除のやる気がアップしますよね。そんなやる気になった時こそ掃除をやるベストタイミング!今回はガスコンロの簡単お掃除法をご紹介します。

ガスコンロの汚れと掃除のポイント

ガスコンロは油汚れなどが固まりやすいです。目に見えなくても、コンロ周りにも油が飛んでいます。
konro_1

ガスコンロの大掃除

準備するもの

・大きなビニール袋
・中性洗剤
・ゴム手袋
・ラップ
・使い古した歯ブラシ

大掃除のやり方

1)五徳などはずせるパーツをはずし、大きなビニール袋へ入れて、そこへ洗剤液(中性洗剤+水)を全体が浸るくらい加えて、置いておく(30分以上)。
2)コンロ本体の汚れを洗剤をつけたスポンジで落とした後、水拭きをして洗剤を落とします。ホースが出ているものはホースのホコリも拭いて。※汚れが落ちにくい場合は、ラップパックをします。スポンジであわ立てた洗剤を汚れに塗ってその上をラップで覆い、しばらく置いてからラップをスポンジ代わりに使ってゴシゴシと汚れをとります。
3)(1)で浸したパーツを出して使い古した歯ブラシで隅々までこすって汚れを落とし、水で洗い流して乾かす。
4)コンロの炎が出る穴は、使い古した歯ブラシなどでお手入れします。ここが汚れで詰まっているとキケンだし光熱費もムダに使ってしまいます。洗剤を使って汚れを落としたら水でしっかり洗い流します。
5)元に戻して完了!

来年もキレイ!のポイント

来年もこのキレイさをキープするには、コンロを使った後、まだ熱いくらいのうちにサッとひと拭きするのが一番ラクな道です!すぐ手の届くところに「サッとひと拭き用」のふきん(使い捨ての布)を常備しておくと面倒だと思わずに掃除できますよ。

 - ライフスタイル, 家電

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

自宅で手軽にできるむくみ解消マッサージ

「むくみ」とは簡単に言うと「皮下に余計な水分がたまってしまう状態」のこと。体調を …

「足がつる」のを予防したい!足がつる原因と対策法は?

暑くなる夏や運動をしたとき、寝ているときに「足が、、、痛~い」となった経験はあり …

弁当箱や水筒のパッキンのカビ取り法はこれが一番!

毎日お弁当を作っていらっしゃるお母さん(もしかしてお父さん!?)いつもご苦労様で …

私の厄年っていつ?厄年を調べるにはどうすればいいの?

お正月に神社へ初詣に行ってよく見かけるのが、「厄年早見表」の大きな看板。「八方ふ …

セスキ炭酸ソーダを使ってキッチンの大掃除!

年末が近くなると大掃除をしなきゃと気が重くなってしまうプリンママ。。。 店頭で大 …