晴れときどきプリン

ちょっとした気になる事や発見をメモメモ

*

恵方巻きの由来や食べるときの方角の決まりは?

節分の時期になると、いろいろなところで恵方巻きの予約が始まりますね。

この恵方巻きは、節分のイベントの1つとして定着しつつありますが、
そもそもの由来や決まりなど知らないことが多いのではないでしょうか。

そこで今回は「恵方巻き」についてご紹介します。

恵方巻きの由来とは?

恵方巻きの由来は諸説あります。

・海苔の販売促進目的のための宣伝で行われた。

・大正時代初期に大阪の花街で漬物を使った海苔巻食べる風習があった。

などなど多くの説がありますが、元々は関西のみの風習であったようです。

そんな恵方巻きが日本全国に広まったのは、
1989年にセブンイレブンが全国販売を開始したのがきっかけです。

「恵方巻き」という名称も、このセブンイレブンの販売がきかっけだと言われています。

恵方巻きを食べるときの決まりは?

恵方

恵方巻きを食べる風習には、
「その年の恵方を向いて丸かじりすると幸運が巡ってくる」
という意味が込められています。

「恵方」というのは歳徳神(としとくじん)という神が居る方角のことなのですが、これが暦によって変わるのです。
毎年「十二支」を耳にすると思いますが、
これとセットになっている「十干」というものがあります。

正確には10パターンが順番に巡ってくるわけではないのですが、
この暦に準じた方角が「恵方」となります。

厳密には「甲」や「庚」などの名称があるのですが、現代の人にわかりやすいように「東北東」のような方位の呼び方に言い換えられています。

西暦年の末尾干支恵方の方角
4 または 9甲・己の年甲(寅と卯の間) 東北東
0 または 5乙・庚の年庚(申と酉の間) 西南西
1 または 6丙・辛の年丙(巳と午の間) 南南東
2 または 7丁・壬の年壬(亥と子の間) 北北西
3 または 8戊・癸の年丙(巳と午の間) 南南東

食べる時間

恵方巻きはいつ食べるのが正しいのでしょうか?

節分は大晦日と同じです。
昔は立春(2月4日)が1年の始まりだと考えられていました。
ですので、節分(2月3日)は大晦日のような感覚だったのです。

そんな大晦日の夜に、新しい年の始まりを願って食べるのが恵方巻きなのです。

大晦日に食べる年越しそばのような感覚というと分かりやすいですよね。

黙って食べる?

その年の恵方を向いて、一言もしゃべらず、願い事を考えながら食べる。

この「しゃべってはいけない」というのが案外難しいんですよね。
でも、しゃべると運が逃げてしまうので、
願い事に集中しながら黙々と食べるしかなさそうですね。

 - 冬の行事, 食べ物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

スティックシュガーの賞味期限は?コーヒー以外の料理に使いたい!

引越しや大掃除などで片づけをしていて贈答用のスティックシュガーを大量に発見したこ …

ぽち袋 折り紙での作り方

子供たちにとって、お正月といえばお年玉!子供たちはお金をもらえると楽しみにしてい …

クリスマスカードのメッセージ!英語で気持ちを伝えよう!

12月になると街にイルミネーションが施され、クリスマスムードが一気に高まります。 …

no image
お弁当作りも楽になるジップロックの再利用方法

主婦にはおなじみの「ジップロック」。食品を保存するのにかかせませんよね。我が家で …

梅シロップの残った梅を使ったジャム以外のレシピ

梅シロップを作った後の残った梅の活用法として梅ジャムが有名ですよね。毎年ジャムに …