晴れときどきプリン

ちょっとした気になる事や発見をメモメモ

*

節分や立春の食べ物といえば・・・

節分や立春といえば、二十四節気と雑節のひとつ。

暦の上では立春から始まり立夏までが春となります。

そして、立春の前日である節分は、
冬と春を分ける節目(節分け)の日として名前が付けられています。

節分や立春の食べ物にはどんなものがあるのでしょうか。

スポンサードリンク

節分の食べ物

節分といえば豆まきや恵方巻きの他にはどんな食べ物があるのでしょうか。

鰯(いわし)

昔から臭いのきついものや尖ったものを厄払いにもちいてきました。

そこで、鬼の嫌いなものが「臭い鰯(いわし)の頭」と「痛い柊(ひいらぎ)のトゲ」ということで、鰯の頭を焼いて柊の枝に刺し、それを家の戸口に置いて鬼の侵入を防ぐ焼嗅(やいかがし)という風習がうまれました。

また、鰯を戸口で焼いて臭いをかがせることを焼嗅と呼んだり、
鰯の頭を柊の枝に刺したものを柊鰯、鰯柊と呼ぶこともあります。

最近ではいわしを玄関に置く家は少なくなってきましたが、
いわし料理を食べる地域はあるようです。

スポンサードリンク

蕎麦(そば)

蕎麦を食べるといえば、、、大晦日。
現在では一般的に12月31日に食べる「年越しそば」ですが、
江戸時代までは節分に食べる蕎麦を指していたんです。

これは立春(1年の始まり)の前日である節分が、
1年の最後の日であることから節分に食べる蕎麦を
「年越しそば」と呼ぶようになったのです。

けんちん汁・こんにゃく料理・くじら料理

東北地方ではけんちん汁、四国地方ではこんにゃく料理、
山口県ではくじら料理を食べる風習があります。

立春の食べ物

実は、立春にこれを必ず食べる、という食べ物はありません。

しかし日本全国で比較的多く行われているのが「立春朝搾り」というものです。

これは、立春の日に作った搾り立ての日本酒をその日に販売するというもので、
ここ最近始まったものとされています。

現代では、節分がメイン行事となっていますが、
立春こそ華やかなお祝いするべき日なのではないかと思います。

スポンサードリンク

 - 冬の行事, 食べ物 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ひな祭りのちらし寿しケーキは簡単!オススメの作り方はコレ

3月3日は桃の節句、ひな祭り。 ひな祭りの定番メニューといえば、ちらし寿しやハマ …

恵方巻きの由来や食べるときの方角の決まりは?

節分の時期になると、いろいろなところで恵方巻きの予約が始まりますね。 スポンサー …

梅酒の簡単な作り方とブランデー梅酒の作り方

梅の収穫時期である5月下旬~6月になると店頭に並びます。我が家では毎年この時期に …

かき混ぜないで作れる簡単フローズンヨーグルトの作り方

以前フローズンヨーグルトの作り方をご紹介しました。 (→フローズンヨーグルトの基 …

no image
熊本の名産品!南関あげの保存法とレシピ

熊本といえば「くまもん」「馬刺し」「辛子レンコン」などが有名ですよね。(食べ物ば …