晴れときどきプリン

ちょっとした気になる事や発見をメモメモ

*

イースターエッグの意味と作り方

イースターの時期になると店頭にはカラフルな卵型のお菓子などがたくさんならびますよね。

イースターにはイースターエッグというのは知っていても、どんなものなのか知らない方も多いのではないでしょうか?

ハロウィンほど有名ではないが、少しずつメジャーになってきたイースターについてご紹介します。

イースターとイースターエッグの意味

イースターは復活祭とも言って、キリスト教徒にとってクリスマスと並ぶ大きなイベントです。

イースター(復活祭)とは?

十字架にかけられて死んだイエス・キリストが、三日目に蘇ったことを記念する祝日で、「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」と定められているため、日にちは毎年変わりますが必ず日曜日なんです。

なぜ日曜日なのか?
それは、イエス・キリストの復活されたのが日曜日だったから。

イースターエッグ

イースターエッグとは復活祭を祝うために作られた卵です。
基本的には卵に塗ったり染めるなどの装飾を施しますが、近年ではチョコレートで作られていたり、プラスチック製で、中にジェリービーンズなどのお菓子やおもちゃ、金貨を詰めた卵も使われています。

また、このイースターエッグを使って「エッグハント」や「エッグロール」をして楽しみます。

イースターエッグの作り方

イースターエッグを作るのに使う卵は、
卵(生卵かゆで卵)、発泡スチロールなどがあります。

色を付けるのは、お湯にホワイトビネガーと食紅などの着色料を混ぜたものに漬け込めばOK。仕上げにサラダオイルで磨くとツヤが出ていい感じに。

他にもマスキングテープを貼ったり、クレヨンで絵を描いたりといろんな方法があります。

生卵で作る

1.針で卵の頭とお尻に小さく穴を開ける
2.穴にゆっくり息を吹き込み中身を抜く
3.流水か水に沈めて中身を洗う

穴を開けるときは、まち針や安全ピン、キリなどを使います。割れやすいので力加減に注意が必要です。

小さな穴でも、爪楊枝や針金などで中の黄身を割っておくと、中身が出やすくなりますよ。中身はオムレツなどの卵料理に使いましょう。

ゆで卵で作る

いつもの要領で固ゆで卵を作る

卵型の発泡スチロールで作る

竹串や爪楊枝を刺すと色塗りが簡単です。

まとめ

小さなお子さんがイースターエッグを作るときには、力加減が難しいのでゆで卵を使うといいですよ。

子供は自分で作ったイースターエッグは宝物だと言っていましたが、他のものと同じように割って食べていました(笑)

 - 春の行事, 食べ物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

バレンタインデーにチョコ以外の食べ物を贈りたい!

2月14日はバレンタインデー。 バレンタインデー=チョコレートと思いがちですが、 …

ハロウィンを料理で楽しむためのレシピ集

仮装やホームパーティーなど、ハロウィンの楽しみ方もいろいろありますが、今回はハロ …

no image
お弁当作りも楽になるジップロックの再利用方法

主婦にはおなじみの「ジップロック」。食品を保存するのにかかせませんよね。我が家で …

梅シロップの残った梅を使ったジャム以外のレシピ

梅シロップを作った後の残った梅の活用法として梅ジャムが有名ですよね。毎年ジャムに …

no image
熊本の名産品!南関あげの保存法とレシピ

熊本といえば「くまもん」「馬刺し」「辛子レンコン」などが有名ですよね。(食べ物ば …