晴れときどきプリン

ちょっとした気になる事や発見をメモメモ

*

妊娠中にコーヒーのカフェインが及ぼす影響と摂取について

妊娠中はコーヒーや紅茶などのカフェインを含むものは摂取してはいけないとよく言われています。でもコーヒーが大好きな私は、コーヒーを我慢するのはとっても苦痛でかなりのストレスでした。

今回は、カフェインの摂取による影響やコーヒー、紅茶を飲みたいときの工夫についてご紹介します。

妊娠中にカフェインを摂取するとどんな影響があるの?

一般的にコーヒー、紅茶、日本茶などには多くのカフェインが含まれています。カフェインを含む飲み物を妊娠中に大量摂取すると、胎児に悪影響があるとされてますがどんな悪影響がるのでしょう。

カフェインを摂取すると胎盤を通じて、胎児にそのままの濃度でカフェインが与えられるんです。

母体には問題ない量のカフェインも、まだ内臓器官が不完全な胎児にはカフェインを分解して体外に排出することができません。体内に大量のカフェインが残ると興奮状態になり落ち着きがなくなります。

また、カフェインは胎盤の血流を減少させます。このため大量にカフェインを摂取していたお母さんから生まれた赤ちゃんは、低体重や成長が未熟だったという報告もあります。

しかし、現在の医学ではまだカフェインが胎児に与える影響について、科学的根拠がはっきり実証されたわけではありません。ですが、念のためカフィンの摂取を控えたほうがいいでしょう。

妊娠中のカフェイン摂取量

カフェインは妊婦にとってあまりよいものではありませんが、リラックス効果があることは確かです。胎児への影響を考えると食べ物に気をつかう必要がありますが、精神的にリラックスしていることも大切だと思います。

一般的に1日に300ミリグラムまでのカフェイン摂取であれば、胎児に影響はないとされています。コーヒーや紅茶でいえば2~3杯程度です。

食べ物に神経質になりすぎるよりも、適度なカフェイン摂取でリラックスして妊婦生活を過ごしてもいいのです。

妊娠中にコーヒーや紅茶を楽しむ工夫

1日2杯程度なら飲んでも問題ありませんが、普段それ以上に飲んでいた人がいきなり量を減らしたりすると、頭痛や倦怠感などの禁断症状が出ることもあります。

いつも使っているマグカップっを少し小さめにしたり、飲む回数を徐々に減らしてみましょう。

カフェインレスコーヒー

コーヒーを飲む習慣を減らせないという人は、カフェインレスコーヒーに変えるという方法も。妊婦のためのノンカフェインの飲み物は多く出回っています。

妊娠中や授乳中にオススメのタンポポコーヒー
実際のコーヒーと比べると風味は落ちますが、カフェインの摂取量を減らすにはオススメです。タンポポコーヒーのほかにもタンポポ茶というものもあります。

ハーブティー

紅茶をよく飲む人はハーブティーにかえてみてはどうでしょう?ハーブティーにはいろいろな種類があるので自分にあったものを探してみるのもいいですね。

ただ、ハーブティーのなかには妊婦が摂取を控えたほうがいいものもありますので、購入するときは専門店などで妊婦に影響のないものを選んでください。

妊婦にオススメのハーブティー
・ローズヒップ
・カモミール
・ラズベリーリーフ
・ネトル

さいごに

出産後「やっと大好きなコーヒーが飲める」とコーヒーを大量に飲んでいると、母乳を飲んでいる赤ちゃんにカフェインの影響が!

カフェインを摂取していると母乳にもカフェインが含まれます。
カフェインを含む母乳を飲んでいる赤ちゃんはぐずりやすかったり、あまり眠らず夜泣きが多いなどの症状がある場合があります。

授乳期間中は妊娠中と同じようにカフェイン摂取量を減らしたり、赤ちゃんに母乳をあげた後にコーヒーを飲むなどの工夫が必要です。

 - ライフスタイル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

今年は喪中なんだけど、年末年始はどう過ごすべきなのか

今年に身内を亡くされた方はいらっしゃいますか?その方々は「喪中」だと思いますので …

カフェラテ、カフェオレ、カプチーノの違いって何?

カフェに行くとたくさんのメニューがあり、違いがよくわからない。。。 カフェラテ、 …

電子レンジ掃除のオススメ方法

年末が近くなると「大掃除をしなくちゃ」と掃除のやる気がアップしますよね。そんなや …

「足がつる」のを予防したい!足がつる原因と対策法は?

暑くなる夏や運動をしたとき、寝ているときに「足が、、、痛~い」となった経験はあり …

スティックシュガーの賞味期限は?コーヒー以外の料理に使いたい!

引越しや大掃除などで片づけをしていて贈答用のスティックシュガーを大量に発見したこ …