晴れときどきプリン

ちょっとした気になる事や発見をメモメモ

*

梅雨シーズンの頑固なカビ対策と掃除のコツ

ジメジメした梅雨シーズンに発生しがちなカビ。本当に嫌になってしまいますよね。特に小さいお子さんがいる場合は喘息やアレルギーの原因になったり、その症状が悪化したりと大変なことにも。。。カビは一体どうやって対処すればいいのでしょうか?普段の掃除からカビ対策までご紹介します。

スポンサードリンク

カビを発見!放っておいたらダメ?

梅雨入りすると毎日のように雨が降り続き、憂鬱な気分になってしまいます。外だけでなくお部屋内も湿度があがり、蒸し暑く、ジメジメしていると必ず発生してしまうのが、カビ。普通の掃除方法では落ちない頑固なカビに、辟易(へきえき)としてしまう方も多いはず。そもそも、発生したカビを放置してしまうと何でダメなんでしょうか?
 
実は、カビを放置していると、部屋などの景観を悪くするだけでなく、人体に影響を与えることもあります。カビが発生した場合、空中浮遊してるカビの胞子や代謝物が体内に入ることで、アトピーや喘息などのアレルギー体質になりやすくなります。他にも、気管支炎などのアレルギー症状を引き起こすこともあり、単に「カビが発生しただけ」と考えていると、いつの間にか病気になっていた。。。なんてこともあるんです。

カビは1種類だけじゃない!

カビ対策をする前にカビについて知っていますか?
カビには「糸状菌」「きのこ菌」「酵母菌」の3種類があり、この中で生活に悪影響を及ぼし、予防や対策が必要な菌は「糸状菌」。

糸状菌

体に重大な悪影響を与えるので、きちんとした予防対策をすることが大事なんです。
 
カビ対策で一番大事なのはなるべく発生・繁殖させないこと。カビの栄養となるのは、食品やホコリ髪の毛、石鹸カス、シャンプー、人の垢などの「有機物質」なので、常日頃からこまめな掃除を心がけ、無駄な有機物質を取り除くことが大切だ。また、カビが繁殖しやすい環境にしないために、湿気を溜めないよう除湿や換気にも気を付けましょう。

きのこ菌と酵母菌

「きのこ菌」とは、えのきや舞茸、エリンギ、シメジなどの美味しい「きのこ」のこと。そして「酵母菌」とは、食品などによく使われる発酵をする菌のこと。

スポンサードリンク

カビ予防で気を付けるポイント

面倒なカビは、発生させる前に「予防」するのが一番!カビが発生しやすい場所ごとの予防法をご紹介します。

浴室

浴室は高温多湿で、カビが繁殖するにはとても良い条件の場所。湿気がこもらないよう、日頃から換気扇を回しましょう。室温を下げるために、お風呂上りに冷水のシャワーをかけておき、雑巾などで水滴を拭き取るとさらにGOOD!

布団

布団にカビを発生させないためには、毎日きちんと上げ下げすることが大事。布団を仕舞う押入れには、すのこを敷くなどして湿気がこもるのを防ぐ。時々天日干しをして、殺菌も行いましょう。
天日干しは、10時頃~14時頃がベスト!それでもカビが発生した場合は、布団クリーニングの専門業者に相談を。

汚れたままの靴はカビが発生しやすいので、汚れなどを落とし、しっかり乾燥させてからしまうようにする。さらに、重曹を入れたコップを下駄箱に設置しておくと、重曹の除湿・消臭効果で爽やかな玄関に!

キッチン

できるだけ食べカスなどの「カビの栄養源」を取り除いておく。

フローリングの床

時々家具の位置などを変更したり、マットと床の間に防湿シートなどを敷いて湿気を防ぐようにする。

洗濯槽

洗濯機は、洗濯の際に洗剤を残さないよう、洗濯量に合った正しい量を綺麗に溶かして使い、使用していないときは蓋を開けて乾燥させておく。

もしカビが発生したら

予防しててもカビが発生する、そんな時は以下の対処法を試してみましょう。
 
カビ取りには、市販の「カビ取り剤」や、カビやカビの色素を分解・漂白、消毒・殺菌する作用がある「塩素系漂白剤」が効果的。さらに「消毒用エタノール」でカビの発生している箇所を拭き取れば、エタノールの殺菌作用でカビを死滅させることが可能!
 
薬剤によっては、変色してしまう素材もあるので、いきなりカビの発生している箇所全体にかけるのではなく、まずは隅の方で試してからにしましょう。また、薬剤を使用する際は、万が一のため換気をしっかり行い、ゴム手袋をつけて作業を行うようにしましょう。

さいごに

カビが発生する要因は「栄養」「水分」「湿度」「酸素」などがあります。カビは、湿度60%以下になると発育が難しいため、日頃から湿度を50%程度におさえるようにするといいですよ。

スポンサードリンク

 - ライフスタイル ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「足がつる」のを予防したい!足がつる原因と対策法は?

暑くなる夏や運動をしたとき、寝ているときに「足が、、、痛~い」となった経験はあり …

太ってみえる原因?むくみとその対処法はこれ!

夜になると脚がパンパンになってたり、お酒を飲んだ翌日の朝に顔がパンパンになってた …

電子レンジ掃除のオススメ方法

年末が近くなると「大掃除をしなくちゃ」と掃除のやる気がアップしますよね。そんなや …

弁当箱や水筒のパッキンのカビ取り法はこれが一番!

毎日お弁当を作っていらっしゃるお母さん(もしかしてお父さん!?)いつもご苦労様で …

熱中症!妊婦さんは特に注意が必要だぞ!

猛暑が続くと熱中症という言葉を聞かない日がないくらいに、夏=熱中症といえるほど定 …