晴れときどきプリン

ちょっとした気になる事や発見をメモメモ

*

アデノウイルスに大人が感染したら会社に行ってもいいの?

プール熱(咽頭結膜熱)やはやり目(流行性結膜炎)といわれる、アデノウイルス感染症。子供がかかる病気のように思えますが、看病している大人にうつる危険性もあります。

スポンサードリンク

アデノウイルスとは?

鼻や喉から入って扁桃腺や気道に感染するウイルスです。主に夏に流行しますが、一年中みられる感染症です。
アデノウイルスは50以上の型が確認されていて、それぞれの型によって症状が異なります。

その中でも3型によるものは咽頭結膜熱(咽頭炎と結膜炎をおこすタイプ)といわれ、“プール熱”と呼ばれています。
また、8型によるものは流行性角結膜炎といわれ、”はやり目”と呼ばれています。

アデノウイルスの症状と治療法

アデノウイルスの代表的な3つの症状

  • 咽頭炎(喉の腫れ・痛み)
  • 結膜炎(目ヤニ・目の充血)
  • 高熱(38度~40度の高熱)

現在、アデノウイルスに対するワクチンはありません。なので、安静にしておくのが一番の治療法です。それと同時に発熱や咽頭炎などの様々な症状に対しての治療を行ってください。

また、脱水症状を起こさないためにも、スポーツドリンクなどで十分な水分補給も忘れずに!

スポンサードリンク

いつから学校や会社に行ける?

これが本題なんですが、咽頭結膜熱は学校保健安全法の第二種感染症に指定されています。そして、主要の症状が治まった後2日間の登園や登校が禁止されています。

つまり、それだけ学校内で流行する可能性が高い伝染病だということ。

大人がかかってしまったら、なるべく子供と同じように仕事を休んだほうがいいですが、そんなに簡単に休めないですよね。
なので、熱が下がってもマスクをするなど他の人に移さないように努めて下さい。

また、お子さんがアデノウイルスにかかられてその看病をされる方も、感染しないように十分な注意が必要です。手洗いをしっかりとしたり、洗濯物も別にするなどの対応が必要になってきますね。

スポンサードリンク

 - ライフスタイル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
お弁当作りも楽になるジップロックの再利用方法

主婦にはおなじみの「ジップロック」。食品を保存するのにかかせませんよね。我が家で …

痛くない?インフルエンザワクチン「フルミスト」

冬になると日本中で大流行するインフルエンザ。 福岡県では今年(2014年)11月 …

自宅で手軽にできるむくみ解消マッサージ

「むくみ」とは簡単に言うと「皮下に余計な水分がたまってしまう状態」のこと。体調を …

梅雨シーズンの頑固なカビ対策と掃除のコツ

ジメジメした梅雨シーズンに発生しがちなカビ。本当に嫌になってしまいますよね。特に …

弁当箱や水筒のパッキンのカビ取り法はこれが一番!

毎日お弁当を作っていらっしゃるお母さん(もしかしてお父さん!?)いつもご苦労様で …